大きな損害になる前に!非常用発電機は、災害時の備えとして今注目されています!
大きな損害になる前に!非常用発電機は、災害時の備えとして今注目されています!
工事対応は南九州3県対応、機器のみの販売は日本全国対応 工事対応は南九州3県対応、機器のみの販売は日本全国対応

非常用発電機のこんなお悩みありませんか?

  • 会社のBCP対策をしっかりしたい
  • 補助金が使えるのか気になる
  • 災害に備えどんな対策をすればいいの?
  • 大がかりな工事は少し心配
ミタデンセツビがすべて解決します!
ミタデンセツビがすべて解決します!
メリット1 設置場所に合わせた機種のご提案
お客様の設置場所、使用用途に合わせて、最適な非常用発電機を設備のプロが選定いたします。
メリット2 企業の価値と安心性を高めることができる
非常用発電機を導入することにより、企業が自然災害をはじめとする緊急事態に遭遇しても、事業を早期に復旧できる環境作りができます。企業価値の向上にも繋がります。
メリット3 機種選定から設置工事まですべてお任せ
ミタデンセツビは機種選定から設置工事まで一貫してトータルにサポートいたします。
非常用発電機の導入・リニューアル時の手間な作業をすべて解決できます!

非常用発電機導入で災害対策

企業の価値と安心性を
高めるためにいま、
災害対策で発電機導入が
注目されています!

非常用発電機

何かが「起きてから」
ではなく、「起きる前」
備えることが大事です。

発電機は災害時の
備えとして今注目され、
補助金もあり、国からも
推奨されています。

災害時、長時間停電すると大きな損害が発生する恐れがあります・・・

停電時、日本のインフラは進歩しているので数時間で
すぐに復旧すると思うかもしれませんがそうではありません!

災害により長時間の停電で
大きな被害になったケースが
多々あります。

東日本大震災

東日本大震災 地震範囲

東北電力管内一部地域で
8日間の停電
※約94%の停電解消

東日本大震災は、2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震です。最大で震度7を観測する地震が宮城県で発生しました。この地震により最大約466万世帯で停電。停電発生から3日で約80%を解消し、8日で約94%。そのほかの地域では、停電から解消までに3カ月以上かかった地域もありました。

熊本地震

熊本地震 地震範囲

熊本市一部地域で
5日間の停電

熊本地震は、2016年4月14日21時26分以降に熊本県と大分県で相次いで発生した地震です。震度7を観測する地震をはじめ、震度6相当の地震が6度も発生しました。この地震により約48万世帯で停電。九州電力を並びに各電力会社が協力して、5日間で全世帯の電気が復旧されました。

更に、災害の備えは
地震だけではありません!

地球温暖化の影響で大雨・台風が増加傾向にあります。

地球温暖化の問題

地球温暖化のイメージ

日本で大雨の発生数が増加傾向にあるのは、地球温暖化の影響の可能性があり、地球温暖化が今後進行した場合、更に大雨の発生数が増加すると予測されます。

鹿児島も安心していられません!

令和2年 7月豪雨