蛍光灯の生産終了が進んでいます。LED照明に入替えて、電気代を削減!
蛍光灯の生産終了が進んでいます。LED照明に入替えて、電気代を削減!
工事対応は南九州3県対応、機器のみの販売は日本全国対応 工事対応は南九州3県対応、機器のみの販売は日本全国対応

LED照明のこんなお悩みありませんか?

  • オフィス全体の照明リニューアルもお願いできるの?
  • どれが最適なLED照明かわからない
  • 入替えをしたいが費用面で見合わせている
  • 選定から設置工事までワンストップで任せたい
ミタデンセツビがすべて解決します!
ミタデンセツビがすべて解決します!
メリット1 設置場所に合わせた機種のご提案
お客様の設置場所、ご要望に合わせて、最適なLED照明を設備のプロが選定いたします。
メリット2 LED照明に替えることで電気代削減
LEDの消費電力は白熱電球の約20%、蛍光灯の約30%、水銀灯の25%と言われており、電気代の大幅な削減が可能です。
電気代削減以外にもLED照明は長寿命なので、メンテナンス負荷の軽減にも繋がり維持費を抑えることもできます。
メリット3 機種選定から設置工事まですべてお任せ
ミタデンセツビは機種選定から設置工事まで一貫してトータルにサポートいたします。
LED照明の導入・リニューアル時の手間な作業をすべて解決できます!

LED照明をおすすめする理由

LED照明で電気代削減

LED照明にすると電気代削減できる

LED照明は入れ替えるだけで電力消費量が下がり、電気代削減の効果があります。その効果は毎月の電気代に反映されますので入れ替えるなら早めがおすすめです。

交換ランプが手に入らなくなる

「水俣条約」によって 2020 年 12 月 31 日以降、水銀灯の製造・輸出入が禁止されました。今後、水銀灯が故障などで突然切れてしまった際に、交換の水銀灯が手に入らなくなる可能性があります。

水銀灯の製造禁止で交換ランプが手に入らなくなる
蛍光灯器具の生産を終了

蛍光灯器具の交換ができない

国内メーカーは蛍光灯器具の生産を終了しています。これにより照明器具が故障した場合、交換できないことが考えられます。

日本政府も推進している

内閣府は新成長戦略の中で LED照明などの次世代照明の 100% 化を目指すことを発表しています。
※2030 年までにLED照明設置100%を目指す

LED照明を日本政府も推進している
各メーカー蛍光灯の生産終了も進んでいる

蛍光灯の生産終了も進んでいる

蛍光灯も多くのメーカーが生産終了を表明しています。在庫がなくなった後は、蛍光灯は手に入りません。

このような照明をお使いの場合は注意が必要です

水銀灯

水銀灯 イメージ1
水銀灯 イメージ2

街灯や体育館などに設置の照明

蛍光灯

蛍光灯 イメージ1